脱毛を始める前に!永久脱毛ってどんなもの?

脱毛には種類が存在する

現在主流の脱毛法といえば、医療レーザー脱毛と光脱毛です。これらはレーザーや光を照射し、毛根に熱を持たせる事で、次に毛が生えにくい状態を作るものです。脱毛サロンの中には、SSC脱毛という施術を行うサロンもありますが、この施術は抑毛効果のあるジェルを塗り、そのジェルに光を吸収させる事で、抑毛効果を高めていくというもので、光脱毛の一種となります。

永久脱毛の施術の効果って?

永久脱毛と聞くと、施術が完了した後、ムダ毛が1本も生えてこなくなる状態をイメージする人も多いでしょう。しかし、現在の技術では、ムダ毛が全く生えてこない状態を作る事はできません。現在の定義は、施術完了から1ヶ月経過した時点の再生率が20%以下の脱毛法となっています。その為、施術が終わった後も、毛が生えてくる可能性は残りますが、生えてきても簡単な処理で解決できる程度という事が殆どです。

永久脱毛の施術はどこで受けるの?

脱毛サロンの施術でも、ムダ毛が生えてこない状態を作る事は可能です。ただ、永久脱毛と呼べる効果のある施術となると、クリニックで行われているニードル脱毛と医療レーザー脱毛の2種類となります。これらの施術は、医療機関でしか行う事ができません。その為、脱毛サロンでは、医療用レーザーに比べて効果の弱い、光を使った施術が行われています。クリニックでの施術は、脱毛サロンに比べると割高という印象を持つ人もいますが、永久脱毛と呼べるだけの効果の高い施術が可能で、毛の再生率も低いという事を考えると、必ずしも高いとは言い切れません。

全身脱毛とは、顔のおでこから足の指までの無駄毛を脱毛することです。ただし全身の定義は定まっておらず、必要な鼻毛まで脱毛してしまう小鼻や、目に近い眉下は施術出来ないこともあります。