薄毛を防ぐために、健やかな頭皮環境を整えよう!

毛髪の悩み、薄毛に悩む人は少なくない

現代社会では、男女を問わず毛髪の悩みを抱える人は少なくありません。ファッションの一部としてヘアカラーやアレンジを楽しむ人がいる一方で、人知れず薄毛などに悩んでいる人も増えているようです。遺伝的な要素や病気である場合をのぞけば、日常のお手入れや生活習慣で、健やかな髪を育むことも可能です。

髪の毛って何?発毛の仕組みとは

ところで髪の毛とは、何でしょう。もともと、髪の毛というのは皮膚の一部が変化したもので、成分はほとんどタンパク質のケラチンで構成されています。髪の毛が成長するためには、根元の毛母細胞が正常に細胞分裂する必要があります。また、髪の成長に必要な栄養素は毛細血管によって運ばれてきます。そして、発毛には、成長期、移行期、休止期というヘアサイクルが繰り返されます。健康な髪が生えてくるためには、土壌ともいえる頭皮の環境が大いに関係していることがおわかりでしょうか。

薄毛を予防する頭皮づくりから生活習慣まで

髪の土壌である頭皮を整えましょう。清潔に保つことから始まります。土壌の毛穴が汚れで詰まっていては、豊かな作物である髪の毛は育ちません。発毛を促すには、頭皮の血行をよくすることも大切です。そして、十分な栄養を与えます。適切なヘアエッセンスなどで補い、頭皮マッサージをするのはとても有効ですね。また、意外に首や肩の凝りなども、頭皮の血行障害や栄養不足などの影響を及ぼします。メンタルな要素も発毛には関係するのでストレスを解消することも心がけましょう。髪の毛の栄養素はアミノ酸などのたんぱく質が重要ですから、普段の食生活を見直すことも、薄毛の予防に役立ちます。日々、健やかな生活を心掛けて、健康な髪の発育も促しましょう。

発毛とは栄養摂取や睡眠習慣の改善、血行の促進といった生活習慣の改善を通じて自然に毛が生えてくることを目指すことをいいます。